桜色のねこじゃらし☆

グルメブログをしている管理人の日常ブログです。まさに「アラサー毒女の黒歴史」

後悔。彼女は元気でやっているのでしょうか。

昔、ひとり暮らしをしていた時にたまたま音楽の趣味が合う友だちができたことがありました。
彼女も衝撃の過去を持っていて精神病を患っていました。
ご飯が食べられない、いわゆる拒食症だったのです。
ある日、私がへましてしまい、職場が変わって話す機会も減ったんですが、その後もずっと一緒に遊んでくれました。


私より3倍は細いであろう彼女はとても温かくて大好きでした。
遊んで帰る時は必ず駅の改札でむぎゅっとしてくれました。
そのまま離れたくなかったのですが、そういうわけにもいかず、家に帰った後はものすごく寂しかったです。


彼女がある日自分の過去を私に話してくれました。
それを聞いた時、どれほどすごいことか理解できなくて私はリアクションに困った覚えがあります。
今ならぎゅっと抱きしめてあげるのに・・・・
「私ではわからないほど辛かったんだね。頑張ったね」
そう言って強く強く抱きしめてあげたのに。


今思うとその人にものすごく甘えていたんだなと思い、謝りたい気持ちもあります。


ゴメンナサイ・・・・


あの時、私に人間の心が少しでも解れば・・・・


彼女は今でも元気なのでしょうか。
今考えてもきっと私には彼女の心の傷は癒せないと思います。
でも、一緒に泣いてあげることはできる。
抱きしめてあげることはできるのです。


はっきり言うとトラウマとか心の傷って治らないと思います。
だって、それだけのことをされたからトラウマや心の傷になっているわけで、それを癒すって容易じゃないと思うんです。


その傷を自分で認めたり、許したり、受け入れたりするのってきっとその人にとって一生ものです。
でも、その一生に少しでも寄り添うことはできるわけですよね。


私はありがとうを言われたいんじゃなくて、その人が泣いているのが嫌なんです。
顔で笑って心で泣いている、これがいかに辛いことか知っているからです。
自分の本当の想いを押し殺し、自分を騙し、偽るのはとても大変でした。


そして、辛くて悲しかったです。
助けを求めたかったのに、声をあげたかったのに。


心で泣くことがいかに辛いか。


だから私は傷ついた人の話を聞きたいです。
もう、心で泣いて欲しくないから。


彼女は今も元気でしょうか。
今ならもっともっと話せるのに。
もっと寄り添えるのに。


今も後悔がつきません。


彼女が教えてくれた大事な曲。
これのCDもらいました。
彼女にも元気が届きますように。

「Only the love survive」(25th Anniversary) -access-


ほらぁ。24時間テレビなんか見るから←テレビのせいかよ


いや、彼女のことを忘れた日は1日たりともありませんでしたよ。
救急科で麻酔かけられているとき以外はw


でもね、本当に思うのは私にできることってすごくちっぽけなことだろうって思うわけで。


まぁ、色々言いましたけど、思っているだけですから。
本格的になにか心理的な資格とかも取りたいんですけどね。
体が悪いんで試験もウケられない(´;ω;`)ウッ…


っつか、まず、自分が薬なしで寝られるようになれって話ですよね。
スンマソンwwww