桜色のねこじゃらし☆

グルメブログをしている管理人の日常ブログです。まさに「アラサー毒女の黒歴史」

【追記あり】カウンセラーになりたいと夢見たいこともあった月曜日

誠意を持って話すことの重要さを改めて実感しました。
私も言葉が悪かったのに。
ゴメンナサイ。
でも、ありがとうございました(´▽`*)
すごく嬉しいです(*´ω`*)


昨日はお薬も飲んでないのに寝てしまいましてね。
疲れてたのかなー?
おかげさまで溜まっていたお仕事何一つ終わってません(;^ω^)
もう、いいや。
あさってまでに出せばええんやろ?←何を見てそうなるの?


さて、今日はですね。
私のなりたかった職業について書こうと思っております。
その職業とは「カウンセラー」。
元々心理学みたいなものが好きだったんです。
それで学校に通おうとしたんですが、体と心が弱くて通えなくって。
でもね、知人が通っていたので授業内容をちょろっとまた聞きしたりはしていました。
NLPとTAってみなさんご存知ですか?
心理学というかカウンセリングの種類のひとつなんですけども。
知人がこれを勉強してましてですね。
この先生から教わっていたのですけれども。

以前ご紹介したことがあったようななかったよな・・・・
お見かけした時は先生はちょっとエッチな冗談も言うおじさん。
でも、話をしてみるとうではさすがと思うようなカウンセリングでした。


ちょろちょろと聞いていたカウンセリング術を病院の看護師さんに試したりしていて。
悪用はしていませんよ(゚Д゚;)


だいぶ前になりますが就職が決まったのですが自分に自信のないA子ちゃんという子がいました。
A子ちゃんと心理テストをして話しているとA子ちゃんが、心理テストの結果を見て
「なんか、違う場所で生きているような気がするんです。」
私は
「うん、なんかわかる。海水魚が淡水にいるみたいなね」
「そんな感じで・・・」
話をしていくうちにA子ちゃんが心を開いてくれました。
「私にはこれっていうカラーがないんですよ」
「いいんじゃないの?それは何色にでもなれるって言うことだもの。これからだよ。
私をみてみ。どこ見ても真っ黒でしょw」
「wwww」
この話をした後A子ちゃんは元気に就職先に向かうことができたそうです。
ただ、元気に向かうことができたのは良いけども私の話したことは本当に良かったのかと、一抹の不安も覚えました。
なので知人にことの経緯を話して聞いてみました。
すると
「いいんじゃないの?それがNLPだよ(*^-^*)」と言ってくれました。
それを聞いて安心したのとA子ちゃんの役に立ててよかったと心から思いました。


本当はこういう仕事に尽きたかったんです。
でも、A子ちゃんと話した後、だいぶ精神を使ったみたいでしばらくしんどかったです(;^ω^)
カウンセラーさんはこんなすごいお仕事されているんだなと思いました。
でも、誰かの役に立てるって嬉しいなとも思いました。


やっぱり、私にはウンセラーは向かないようで。
カウンセラーって物事を色々な視点から見なきゃいけないんです。
でも、「こういう視点もあるでしょ」と言われればそれは素直に受け止められるんですけども自分で視点を見つけられないのです。
だから、私には無理だなとも思いました。


人の話を聞くのは好きなのでいいのですがね(;^ω^)


あと、向かない理由がもうひとつ。
皆様ご存知の通り私は頭に血が登りやすいんです。
一度登っちゃうとなにしでかすか・・・・(;^ω^)
ははは。
いや、直そうとは思うんですけど一度理不尽を感じると止まらなくって。
いらぬ正義感に見えてしまうのですがね。


と、いう未練たらたらなお話でした。
学校も通いたかったし、資格もとりたかったなー(´・ω・`) 


ま、もし私がカウンセラーだったとしても相談者はひとりも来ないんですがw


素敵なお姉さまのお部屋。
やべ、うまそー(´ρ`)



遊びに来てね☆彡