桜色のねこじゃらし☆

グルメブログをしている管理人の日常ブログです。まさに「アラサー毒女の黒歴史」

警察戦隊パトレンジャー 圭一郎✖つかさ エロ小説②

前の分。


圭一郎の手がつかさのトップスを脱がせる。


ボタンをはずして、じぃーとジッパーを下げる音がいやらしい。


しかし、つかさは抵抗しない。


圭一郎に「任せる」と言った手前、手を出せないのと圭一郎を信じているからだ。


きっと圭一郎はここで「やめて」と言えばやめるだろう。


だが、つかさは圭一郎が自分の嫌がることをしないと信じていたからだ。


トップスからは薄いピンク色のブラジャーにつつまれたつかさのおっぱいが見える。


つかさの肌は白く透明感があり、でも少しピンク色に赤みを帯びた吸い付きたくなるようなそんな体だった。


そんなつかさをみて圭一郎の理性が飛ぶ。


圭一郎はつかさのそんなに小さくもない胸をわしづかみにする。


思わずつかさが


「いたっ。圭一郎痛いっっつ。」


その声を聴いて圭一郎もぱっとして我に返り、


「す、すまん。あんまり綺麗だったから」


つかさが圭一郎にレクチャーする。


「女性の胸はプリンをもつようにもっと柔らかく触るんだ」


言われた通りに圭一郎の手つきが柔らかくなる。


元々感じていたつかさも触られて感じているのに表情も口元をキュッしめて感じているのを隠す。


圭一郎がもう一度つかさにキスをする。


胸は優しく触りながらつかさに舌を入れないキスをする。


キスをされたことにより自分も感じていることを隠そうとしていたつかさも次第に正直になっていく。


圭一郎がつかさの乳首をつまむ。


「っっつ」


声にならない声をあげるつかさ。


つまんだと思ったら次はこねくりまわす。


「んっっ」


つかさも体に走る快感に思わず声が出る。


圭一郎がきゅうにかがんだ。


次の瞬間、圭一郎がつかさの乳首を吸った。


「あっ、ああっ」


ビクッとはねるつかさ。


圭一郎は吸ってみたり舐めてみたり、そしてかんでみたりした。


「あっ、ちょ、あぁ、あん。んふっ」


つかさから艶っぽくいやらしい声が上がる。


圭一郎は


「つかさ、気持ちいいのか?」


とつかさに聞いた。


顔を赤らめながらうなずくつかさ。


その顔がいじらしくもっといじめたくなる女の顔だった。


その顔を見て少しうれしくなった圭一郎はさらにつかさにまたキスをする。


キスをしながら手をパンティーの下に入れた。


そこで我に返るつかさだが、やめられなかった。


圭一郎とこのままsexしたいと思うようになっていたのだ。


パンティーのなかからつかさの中へ中指を一本たててつかさをかき回す。


「あっ」


自分の中に入ってきた圭一郎に感じて思わず声が出る。


体を走る快感につかさも声を隠せない。


圭一郎の指につかさは圭一郎にしがみつく。


圭一郎はつかさの中に指を入れたり出したりする。


「あん、んふ、ん、んんっ」


唇を離してつかさが快感の波に襲われているのを男としてこころよく見ている圭一郎。


息が上がっているつかさがとてもかわいくいとおしいと思う圭一郎だった。



とりあえずここまでです。
書いていて思ったのは「私の中の圭一郎ってキス魔だな」です。
個人的には圭一郎には童貞であってほしいのですが、国際警察に就職してるからもてるだろうし、多分童貞ではないんだろうな・・・と。
つかさもあんだけ美人だから彼氏の一人や二人はいたのでしょう。
と、なると、経験は済んでいるのかな?と思います。


書いていて・・・・・小説難しい( ; ゚Д゚)
これを職業にしている人って本当、すげーなって思います。


いやー、朝から変態パワーがすごくなったから勢いで書いてみたけど勢いだけでは全然無理ですね。
余計の描写をあえて入れないで書くことを目標に書いてるんですがわかりにくいですか?
自分では全然わからないです。


このあとはつかさのフェラや本番もせまっているのでよりよく書けたらなと思っています。


果たしてエロいのかどうかさえもわからない・・・


見に来てね♪